Google+

高スペックパソコン・役立つ書籍情報サイト

高性能・高スペックパソコン、ゲーミングパソコンの情報発信:気になったもの、欲しいもの、お気に入りものを紹介

【本】一発屋芸人列伝 山田ルイ53世「一発屋芸人達、決して憐れな存在などではない」


第24回雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞!
芸人初の快挙!
連載時の読者からの大反響に、発売前に重版が決定した話題作。

ブームには例外なく終わりが来る。そして、終わった後も生き続けなければならない。
不器用だけれども、一歩一歩前に進んでいる一発屋芸人達。決して憐れな存在などではない。
それを髭男爵の山田ルイ53世がホロ苦く教えてくれた。
東野幸治


ここに出てくる芸人さんたちは、当たり前だが本当は誰も終わってなどいない。
むしろ皆さんに共通しているのは、見えにくいけど「今を一所懸命生きている」ということだ。
私はその姿に胸を打たれた。
ジャパネットたかた創業者 高田明

人の弱さを勝ち誇ったように刺すのは、もういいじゃないか。
僕は最近、人はどうやって再生するのか、その人にとっての幸せは何か、
ということに興味がある。この本には男爵の驚くような華麗な筆致で、
弱さを抱えた人間たちの愛すべきルネッサンス(再生)が描かれている。
テリー伊藤

輝いた時代は終わる。それでも、人生は続く。
同じ芸人でなければここまで肉薄できなかった、
話題沸騰の連載がついに書籍化。

我々一発屋は、ただ余生をやり過ごしているだけの“生きた化石"ではない!
レイザーラモンHG── 一発屋を変えた男
コウメ太夫──“出来ない"から面白い
テツ and トモ──この違和感なんでだろう
ジョイマン──「ここにいるよ」
ムーディ勝山と天津・木村──バスジャック事件
波田陽区── 一発屋故郷へ帰る
ハローケイスケ──不遇の“0.5"発屋
とにかく明るい安村──裸の再スタート
キンタロー。──女一発屋
髭男爵──落ちこぼれのルネッサンス
世の中から「消えていった」芸人たちのその後の人生を、自らも「一発屋」を名乘る著者が追跡取材。
これまで誰も書いたことがなかった彼らの現在は、ブレイクした“あの時"より面白かった?!
涙あり笑いあり、そしてなぜか生きる勇気が湧いてくる。時代に翻弄されつつも必死に芸に生きる、
どうしようもなく不器用な人間たちに捧げるノンフィクション!