Google+

高スペックパソコン・役立つ書籍情報サイト

高性能・高スペックパソコン、ゲーミングパソコンの情報発信:気になったもの、欲しいもの、お気に入りものを紹介

【本】記憶力が最強のビジネススキルである


集中力が続かず、仕事がなかなか終わらない。
「すぐやること」が大事なのはわかっているけれど、なかなか行動できない。

ビジネス書やセミナーで学んだことが定着せず、成果に結びつかない。
営業担当なのに、人の名前を覚えられない、思い出せない。

がんばって考えているのに、いいアイデアがなかなか浮かばない。
リーダーなのに人がついてこない。人を動かせない。
伝えたいことが相手になかなか伝わらない……。


本書は、記憶の持つ力を使い、このような悩みを解決する「ビジネススキル」を手に入れるための本。いわゆる「記憶術」を紹介する本ではありません。記憶というと、いわゆる「暗記」を思い浮かべるかもしれませんが、それは記憶という機能のほんの一面にすぎません。普段意識していないかもしれませんが、私たちはつねに「記憶」を活用しています。

文字が読めるのも、文字や言葉の意味を記憶しているからですし、思いついたアイデアも、自分の持っている過去の経験や知識、他者の成功、失敗の事例、流行や時勢に関する情報などの記憶が結びついたものです。さらに、記憶は気づかぬうちに、自分の思考、感情、行動をも司っています。つまり、記憶の働きを理解することができれば、日々の行動を変えることができるようになるのです。

さらに。集中力、コミュニケーション力、伝達力、さらにはリーダーシップといった、一見記憶とはかけ離れているように思えるスキルにも、「記憶」が大きくかかわっています。
つまり、記憶の持つ力をマネジメントするだけで、あなたの「仕事力」は驚くほど上がっていくのです。この記憶をマネジメントする力、つまり記憶力こそがあなたの仕事力を飛躍的に高め、これからの時代を生き抜いていく「最強のビジネススキル」になります。

本書では、この記憶のマネジメント法を、30年以上にわたり、速読法をはじめとするさまざまな勉強法、心理学やセラピー、カウンセリング、コーチングといった心理手法などの実践研究を続け、そこで得た知見を、研修やセミナーを通じて数多くのビジネスパーソン伝えてきた著者が、わかりやすくお伝えしていきます。